有限要素法を用いた音響シミュレーション

有限要素法による3次元の声道内を伝搬する音のシミュレーション

GPU-FDTDによる音響シミュレーションと可視化

グラフィックボードでシミュレーションし結果をリアルタイムで可視化

舌の調音運動のシミュレーション

有限要素法による粘弾性体舌モデルを用いた調音運動のシミュレーション

松﨑研究室について

声・音響工学、音声情報処理の研究に従事しています。主な研究テーマは「有限要素法(Finite Element Method, FEM)による、3次元声道形状の音響特徴量解析に関する研究」で、コンピュータ・シミュレーションによる音声研究を行っています。

研究成果の一部が、「音声生成の計算モデルと可視化」(鏑木 時彦編著、コロナ社)に記載されております。本書籍の追加情報サイト(甲南大学、北村先生)もございます。是非ご覧ください。

音声生成の計算モデルと可視化の表紙画像

Personal data

学位 博士(工学)
所属 北海道科学大学 工学部 情報工学科
住所 〒006-8585 北海道札幌市手稲区前田7条15丁目4-1
Email
URL http://rainbow.hus.ac.jp/
研究室 7号館3階 7304室
所属学会 電子情報通信学会日本音響学会米国音響学会
学外活動 電子情報通信学会北海道支部学生会顧問(2011年度)
電子情報通信学会/日本音響学会 音声研究会 幹事補佐(2006年度、2007年度)
日本音響学会アコースティックイメージング研究会 委員(2007年度~)
日本音響学会編集委員会論文部会委員(2015年6月~2017年6月)
学内活動 就職支援センター副センター長(2015年度~現在)
就職支援センター主任(2012年度〜2014年度)
就職委員(代表)(2011年度)
研究支援センター主任(2009年度~2010年度)
趣味 HR/HMなどを聴くこと
ギター演奏

お知らせ

「エレキギターとエフェクターを使って学ぼう音声情報処理」というタイトルで、琴似工業高等学校と札幌工業高等学校の皆さんを対象に対象に高大連携授業を行ないました。
網走市エコーセンター2000で開催された北海道科学大学 市民公開講座「ストロー笛を作ろう!」の講師を務めました。(大学の開催報告はこちら
松﨑ゼミに配属された3年生の歓迎会を行ないました。
5月19日(木)10時から北海道科学大学公開講座「音の科学~音の仕組みと不思議~」の講師を務めました。聴講ならびに質問してくださいました皆様、ありがとうございます。(大学の開催報告はこちら
建築学科の川人先生のハードロックバンド「かますなな」にギタリストとして参加することになりました。
2015年度に行なった卒業研究の成果の一部が十勝毎日新聞に「十勝の力でシカ笛実証」というタイトルで紹介されました。
5月19日(木)10時から北海道科学大学公開講座「音の科学~音の仕組みと不思議~」の講師を務める予定です。会場は北海道科学大学 図書館AVホールです。
函館市サン・リフレ函館で開催された北海道科学大学 市民公開講座「ストロー笛を作ろう!」の講師を務めました。(大学の開催報告はこちら
北斗市総合文化センターで開催された北海道科学大学 市民公開講座「ストロー笛を作ろう!」の講師を務めました。(大学の開催報告はこちら
幕別町札内南小学校で開催された親子体験講習会「ストロー笛を作ろう」の講師を務めました。
「ストロー笛と糸電話で音を楽しもう!」というタイトルで、第5回科学の祭典in石狩にブース出展しました。
「ペットボトルと風船で空気砲を作ろう」というタイトルで、札幌市立前田小学校4年生を対象に出前授業を行ないました。
「音声ファイルのしくみと音声情報処理」というタイトルで、あすかぜ高校2年生を対象に高大連携授業を行ないました。
「エレキギターとエフェクターを使って学ぼう音声情報処理」というタイトルで、あすかぜ高校1年生を対象に高大連携授業を行ないました。
2014卒OBと食事(飲み)会を行いました。
クラーク記念国際高等学校札幌白石キャンパスにおいて、「エレキギターとエフェクターを使って学ぼう音声情報処理」というタイトルで出前授業を行ないました。
2014卒OBと食事(飲み)会を行いました。
サイトをリニューアルしました。
STVのマハトマパンチというTV番組に音声研究者として出演しました。
石狩市民図書館主催 科学の祭典in石狩2014のブースとステージに出展しました。参加時の様子が石狩市民図書館のWebページに掲載されております。

続きを読む